Interview

刺激にあふれた営業の仕事から
交渉の本質を学ぶ。

西日本営業所 課長
永井 信一郎Shinichiro Nagai2015年 入社

入社のきっかけ

お客様と交渉する奥深さ。

前職はモノづくりの現場で、製造の仕事をしていました。
前職当初はモノや道具と向き合う仕事でしたが、仕事のステージが進むにつれ、モノと向き合う以上に多くの人との協力や関係性が構築で必須になりました。
自身の関心も、モノづくりの中での交渉事や人と話す仕事に向くようになり、本格的に営業職に就こうと思いSSTに転職しました。
現職ではSSTの営業として、いかに自身の付加価値を創出し会社の利益に変えていくかと、そればかりを考えています。
日々の営業活動で経験し学ぶ事は、本当に多岐にわたっていて、膨大で、どこまでも底が見えない様な深いものです。
しかしそのおかげで仕事のみならず、人生全般での良き判断や行動の在り方を学べていると思っています。

永井 信一郎

仕事のやりがい

刺激と好奇心が満たされる!

客先の要望通りの加工品を製作し、期限内にお客様までお届けするのが私の仕事です。
毎日が新規案件との出会いで、未公開の新製品の打ち合わせや、非公開のお客様の工場内部に入ることはかけがえのない経験で、好奇心を大変刺激されます。
SSTのお客様の業種はとても幅広く、家電・自動車・医療機・産業機械 etc...と多岐になりますが、私は特に自動車の車載部品関連の企業様を多く担当しています。
一品一様でスピードが求められる仕事ばかりなので、少額の案件であっても、見積りや納入品のチェックを入念に行うように心がけています。

永井 信一郎

SSTの魅力

やる気次第で仕事を任せてもらえる!

SSTはベテランの先輩方はもちろん、若手の社員も知識や経験が豊かで、周囲から良い刺激をもらっています。
個性的な方が多いですが、なぜか協調性があり、新入社員にも親切だと思います。
いかんせん仕事の進行速度が速すぎるので、新入社員さんはびっくりするかもしれませんが安心してください。
私が入社したときも、先輩社員たちが迎え入れるように接してくださったのですぐになじめました。
やる気と積極性があれば、仕事をどんどん任されるのもSSTの特長です。おそらく、他の会社より早いペースで経験値を積めると思います。

永井 信一郎
永井 信一郎
永井 信一郎

今後の目標とメッセージ

SSTで得られる唯一無二の経験。

今後は、日本はもちろん、世界中を飛び回り、価値創造する仕事がしたいです。
そのために今以上に世界の情勢や業界の動向に精通し、会社の教材で語学の勉強をします。
営業である以上、計画に基づいた売り上げ目標がありますし、仕事には相当のクオリティ・スピードが求められます。
でも、厳しくも楽しい環境で、唯一無二の経験ができるのがSSTです。入社して損はない会社だと思いますよ。

永井 信一郎

私のオフタイムMy off time

料理が好き!魚も自分でさばきます。

妻の実家からよく魚をいただくので、自分でさばいて料理します。50~60センチのブリや鯛なら、鱗を取って3枚におろすのに10分くらいです。さばき方はYouTubeで覚えました(笑)。また、営業マンとして靴の手入れは不可欠。クリームを使って丁寧に磨き上げます。見た目はもちろん、履き心地も良くなるんですよ。

永井 信一郎

一日のスケジュール

8:30
コーヒーか紅茶を飲みながら、メールチェックと1日の段取りを確認し、朝礼へ。
9:00
始業。
10:00
外出。お客様と加工の仕様打ち合わせ、SSTの商材のPR、情報収集。
11:00
昼食は移動中にすませ、一旦帰社。
12:00
午後の業務開始。メール返信、見積の連絡。
12:45
SST物流センターで出荷・検査チームと打ち合わせ。
15:00
再び外出、お客様と打ち合わせ。
17:00
帰社。案件の進捗確認、見積り・出荷情報の連絡。
18:00
会議やプロジェクト資料の作成。
19:00
退社。

先輩社員インタビューinterview風通しが良く
働きやすい会社

中富 真澄
営業本部 主任中富 真澄Masumi Nakatomi2015年 入社
中渡  旭
新規事業推進本部 部長中渡 旭Akira Nakawatari2015年 入社
横山 幸男
生産管理 課長横山 幸男Yukio Yokoyama2016年 入社
土生 竜次
生産管理 品質グループ 主任土生 竜次Ryuji Habu2019年 入社
永井 信一郎
西日本営業所 課長永井 信一郎Shinichiro Nagai2015年 入社
手塚 英介
生産管理手塚 英介Eisuke Tezuka2019年 入社

応募・お問い合わせEntry・inquiry

PageTop