Interview

社会に役立つ製品を
お客様と共にゼロから生み出す。

新規事業推進本部 部長
中渡 旭Akira Nakawatari2015年 入社

入社のきっかけ

身近な製品で暮らしを豊かに。

家電、自動車の車載器など、幅広い業界の新製品の開発に携われること、SSTの扱う製品が人々の暮らしをより豊かにできること、語学留学の経験を活かし、グローバルに活動ができると思ったのが志望理由です。
入社以来、これまでに携わった電化製品などを街角で見かける機会も何度かありました。そのたびにSSTに転職して良かったと思うと同時に、自分の仕事に誇りを感じています。

中渡 旭

仕事のやりがい

社会に役立つ新製品を開発する。

SSTの売りは「モノ」ではなく「加工方法」です。競合他社も存在しますが、当社の経営戦略は「ブルーオーシャン」、つまり競争相手がいない未開拓の領域の開拓を重視しています。ブルーオーシャン向けの加工方法の開発はもちろん、「レッドオーシャン(競争相手がいて飽和状態になっている領域)」にある2つの加工方法を組み合わせることで、ブルーオーシャンの加工方法が生まれることもあります。
私が所属する新規事業推進本部は、SSTの「ブレーン(頭脳)」と呼ばれており、新規の加工方法の開発をはじめ、営業と同行しての商材PR、営業向け社内勉強会の実施、展示会や大学から加工方法を学んだり、商品化を働きかけたりするなど、仕事は多岐にわたります。この仕事のおもしろさは、「モノづくり」をしている企業すべてがお客様になりうるところにあります。お客様と協力しながら社会に役立つ新製品の開発に携われることにやりがいを感じています。

中渡 旭

SSTの魅力

全社員が「お客様第一主義」!

SSTの社員の頭には、「お客様第一主義」がインプットされているように思います。納期や品質など、お客様の立場になって考えている人ばかりだからです。
SSTが提供する試作品について、「図面と寸分違わないクオリティ」を求めるお客様もいれば、「図面と少し違うけれど、実際の使用に問題ないからかまわないよ」と言うお客様もいます。たとえ、後者の場合であっても、お客様の言葉に甘えたり妥協したりすることなく、愚直仕事に取り組むのがSSTのプライドです。生真面目とも呼べる社風がSSTの良さだと思います。

中渡 旭
中渡 旭
中渡 旭

今後の目標とメッセージ

「ゼロ」を「1」にする仕事。

仕事の多くは、お客様のお困りごとのヒアリングからスタートします。お困りごとの解決は、紙面上の設計図がカタチになることを意味します。まさに、「ゼロ」を「1」にする仕事で、それは難しくもあり、楽しくもあります。SSTがめざすゴールは、「日本一の技術商社」。お客様に喜んでいただける新しい商材をどんどん開発し、業界の唯一無二の存在になることです。
私たちは仕事には真剣で、会社のイベントやカラオケ大会など遊ぶときも全力です。楽しくにぎやかな職場で、メリハリのある働き方を希望する皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

中渡 旭

私のオフタイムMy off time

家族キャンプもバス釣りも全力!

休日は子どもを公園に連れて行き、ときには家族でキャンプに出掛けることも。同僚とは、サッカーや琵琶湖でのバス釣りを楽しんでいます。サッカーは試合というより、ワイワイとボールを蹴っている感じですね。実は、バス釣りでどうしても勝てないSSTの先輩社員がいます。バス釣り勝負はしばらく続きそうです(笑)。

中渡 旭

一日のスケジュール

9:00
外出。営業と1~2社ほど同行し、商材PR活動。
12:00
昼食。
12:45
午後の業務開始。
13:00
部内会議。商材開発の進捗確認など。
15:00
加工業者と加工方法について打ち合せ。
16:00
見積もり、図面見ながらの打ち合せ、展示会や技術市の確認。
17:00
今後のスケジュール確認。
18:00
退社。

先輩社員インタビューinterview風通しが良く
働きやすい会社

中富 真澄
営業本部 主任中富 真澄Masumi Nakatomi2015年 入社
中渡  旭
新規事業推進本部 部長中渡 旭Akira Nakawatari2015年 入社
横山 幸男
生産管理 課長横山 幸男Yukio Yokoyama2016年 入社
土生 竜次
生産管理 品質グループ 主任土生 竜次Ryuji Habu2019年 入社
永井 信一郎
西日本営業所 課長永井 信一郎Shinichiro Nagai2015年 入社
手塚 英介
生産管理手塚 英介Eisuke Tezuka2019年 入社

応募・お問い合わせEntry・inquiry

PageTop